×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

にきびの予防には、肌を汚れのない清潔な状態に保つことです。予防のために欠かせないことは洗顔ですが、洗いすぎやこすりすぎはにきびの予防どころか肌トラブルの原因を自ら作っているようなものです。けっしてこまめに顔を洗えばいいわけではないようで、予防のために洗浄力の強い洗顔料を使えば良いというわけでもないそうです。皮膚に必要な皮脂まで洗いすぎると落としてしまいますので、朝と晩の1日2回で洗顔回数は十分だといえるでしょう。皮脂の分泌が多くなりやすいのは夏で、乾燥して肌の水分が失われがちなのが冬です。お手入れは洗顔後の保湿ケアも含め、季節に合ったものをすることがにきび予防には重要です。洗顔の基本は肌をこすらず、泡で包み込むように洗うことです。ヘアキャップやタオルで髪をまとめ、顔全体を洗いやすい状態にしてから、よく泡立てたきめ細かな泡で優しく洗います。しっかりぬるま湯ですすぐことが洗い終りには重要です。もし洗い残しがあると肌の負担になり、にきびの要因となることもあります。タオルは吸水力の良いものを使い、顔に押し当てるようにして水分を取ります。洗顔料は肌タイプに合うものを選ぶことも重要です。トライアルセットや洗顔料のサンプルで確認をするなどして見つけたいのが、自分の肌に合うものです。にきび予防のために大事なのは、きちんとスキンケアの基礎となる洗顔を行うことです。

ニキビ予防の洗顔方法関連ページ

シャムジェンド43バードナイトクリーム